おもちゃ屋さん奮闘記

長年個人商店を運営してる店主が生き抜く為の方法などを紹介!

Amazon FBA で郵便局留め指定は出来るのか?

   

夕方に差し掛かり、Amazonや自店の通信販売もひと段落ついて
『これからの夕方以降は店舗に来店が多くなるなぁ』と思いながら
淹れたてのコーヒーを一口含み、ほろ苦い味覚に疲れを癒していた。

そんな、すでに仕事の半分を終えたような解放感に浸っていた時に
一通のメールを頂いた。

Amazonを経由してのお問合せだった。
「すみません。郵便局局留めは可能ですか?』

ぁ。

今気付いた。
今年の1月からFBAを利用してる為、FBA発送と自己発送と2種類の発送方法になる。
昨年まで自己発送のみだったから、気が付かなかった^^:

自己発送の場合だったら、郵便局留めをお願いされたら
当然、同じ郵便局の配送方法を利用して郵便局留めに出来るし、
ヤマト運輸営業所留めだったら、同じヤマト運輸の発送を行い
営業所留めにすることが出来る。
局留めや営業所留めの基本のお約束。
・郵便局留め=郵便局の発送方法
(定形外郵便・ゆうメール・ゆうパックなど)

・ヤマト運輸営業所留め=ヤマト運輸の発送方法
(メール便・宅急便など)
つまり『到着と発送は同じ業者を使いましょう』って事。

そこで疑問が生じる。
FBAのシステムって簡単に言うと

Amazonでウチの商品売れたら、Amazonのほうで梱包して商品発送してね~ってシステム。

当然、全てAmazonに発送を丸投げしてるので、
このような『郵便局留めで送って欲しい』という要望が来たらどのように対応してるのだろうか?

その『郵便局留めで送って』という、お客様のニーズに応えられるのだろうか・・・?

自身で考えていても意味が無いので、すぐAmazonへ連絡した。
結論。

Amazonから返答頂いた内容は

『局留めも営業所留めも対応してません』だった^^:

当然と言えば当然なのだが、配送住所に『局留め』とか『営業所留め』とか書いても
その都度によって配送の業者を使い分けてるから基本配送出来ないとのコト。
配送業者を使い分けてるんなら適切に配送出来れば
『局留め』も『営業所留め』も出来るんじゃね?とか思いましたが、
使い分けるという意味合いが違う。

『お客様の要望に合わせて使い分ける』では無くて、
『Amazonの都合の良い方法で使い分ける』って意味ね。
つまり、Amazonによっての都合での配送業者の使い分けであって
お客様目線で業者を使い分けてるワケではないってコト。

話を脱線してしまって恐縮だが、お問合せ頂いたお客様へメールにて返信した。

~~~ここから~~~
○○○と申します。
お問い合わせありがとうございます。
商品の内容や種類によりますので、どちらの商品を郵便局留めになさりたいのかをお伺いしないと可能かどうか判断出来ません。
局留め対応出来るかをご返答させて頂きますので、商品名をお教え頂けますと幸いです。

宜しくお願い致します。
~~~ここまで~~~
メールを送信して、ぬるくなったコーヒーを飲みながら一息ついてたら店の電話が鳴った。

一條『○○○(店舗名)です。』

お客様『あんなぁ?さっきメールさせて頂いた○○○なんだけどぉ
商品言えば局留め出来るか分かるんかぁ?』
なんだろう、怒られてるワケでもないのだが・・・関西弁だろうか
凄い威圧感だ^^:
お客様『プレステ4も持ってたんだけどな、映像綺麗なばっかりで中身スッカスカなんねん。
それでな、やっぱ昔のゲームが面白くてな。今集めてるんよ。』

一條『あ~、そうなんですか^^自分もレトロゲームは好きなのでお気持ちは少し分かります。』

社交辞令を少し含めた共感が、彼に火を付けてしまったようだ。

10分程度、レトロゲームの良さを電話で伺った後、ようやく本題になった。

 

お客様『おたくがAmazonに出してる、ザ・コンビニが欲しいんだけど、局留め出来る?』
良かった。
FBA商品ではなく自己発送でお店にある商品だった。
むしろ、ザ・コンビニはAmazonに198円で出しているソフト。
自己発送なのは当然である。
FBAで出していれば手数料だけで大赤字だ。

一條『大丈夫です。店舗にございますので、局留めで発送させて頂きます^^』
お客様『じゃ、お願いするわ~』
電話が終わり、お客様からザ・コンビニの注文を待つ自分。
数分後にザ・コンビニの注文が入った。

嬉しい反面、少し切ない。
さっき電話した通話料金なのだが、ザ・コンビニを購入した金額(198円)より高いと思うのだが
あのお客様は気付いているのだろうか。
そんなことを思いながら、残ってるカップの冷たいコーヒーを飲み干した。

後味のほろ苦さを感じながら、僕は来店したお客様を迎えた。

 - Amazon関連