おもちゃ屋さん奮闘記

長年個人商店を運営してる店主が生き抜く為の方法などを紹介!

AmazonFBAを使ってみる(商品選別編)

      2016/01/12

つい先日の話、AmazonFBAの利用手続きを行った。

Amazonでの販売は既に8年行ってるんだけど、
全て手作業でお店から発送してた。

Amazon利用開始の8年前から、つい半年くらい前までは
一日3~5件程度だったから余裕だったんだけど、
ここ最近、色々とネットビジネスやせどりの勉強をしてるおかげだろうか、
一日10~20件のご注文を頂ける環境になった。

そして、毎日その10件以上のご注文をそつなくこなすと2~3時間くらい掛かる。
当然、店頭は営業してるから、来店するお客様がいれば、
そっちに掛かりっきりになったりして、Amazon注文の梱包作業は中断される。
お客様の来店が頻繁になると、その都度Amazon作業が中断されてしまい
非常に効率が悪いし、精神的にも疲れる。
おまけに、自分が悪いんだが、Amazonで即日発送をうたってるもんだから、
ここ最近は定休日にも店に入って通販の発送作業をしてるという始末。

 

嬉しい悲鳴ではあるのだが、休みすら休めないのは正直きつい><

 

もっと手間が掛からない方法は無いものかと
色々調べてたら、AmazonFBAの利用検討となった。
そんなワケで、AmazonFBAを利用しようかと思ったら

一番気になったのはAmazonFBAの手数料。

 

ちなみに、下記のURLで商品名やJANコードなど入れると

AmazonFBA料金が出るので、参考にしてほしい。

AmazonFBA料金シミュレーター
まずは当店でよく売れてる商品をリサーチしたんだけど、
商品販売額950円(送料込)で試してみた。

 

実際掛かってる経費として、
『発送手数料』にこの商品を梱包する際に掛かったものの金額(40円)を入れて、
『出荷時の配送料』に実際に掛かってる送料(140円)を入れて調べた。

 

FBAkentou01

 

結果、自社発送で経費差引675円、FBA発送で518円となった。

 

当然だが商品の仕入れ値は入ってないからアレなんだけど、
自社発送とFBA発送の差は200円も変わらなかったんだよね。

一日13~20件の発送だと、1つ200円で計算して2600~4000円。

その手数料を高いとみるかどうかは利用する状況にもよると思うんだけど、
当店の場合での話、利益が500円以上ある商品だったら赤字にはならないと判断した。

 

しかし、販売価格が1000円未満かつ利益が500円を切る商品は利用出来ないし、

そういった商品が当店は非常に多い。

 

その場合は、素直に手作業で発送したほうが良いので、
AmazonFBAに送る商品と手作業で発送する商品の分別作業を行ってる。

 

分別作業が完了したら、AmazonFBAへ商品を出荷する作業をはじめようと思う。

 - Amazon関連, 初心者向け